事務所

ふるさと納税ワンストップ特例が申告後に無効となるケースについて

以下の四つのケースがある。
1、急きょ医療費控除をするなどにより確定申告を行う場合
2、個人住民税の申告を行った場合
3、寄付先が5自治体を超える場合
4、住所等の変更後に変更届出書を提出していない場合

4について特例の申請後に住所等が変わった場合には、ふるさと納税を行った翌年1月10日までに、ふるさと納税先の自治体に変更届出書を提出しなければならないらしい。

いずれにしてもこうした事態により確定申告で寄付金控除を受けることも想定し、領収証等について1年は捨てずにとっておいた方が良さそうだ。

※先週、上野公園にて
  • 2015.11.09 Monday
  • 00:37